ノニジュースのノニWEB






 イベント・コミニュティ
point-oプレゼント・イベント(楽天)
point-oかわ店長のメルマガ
 オーガニックノニジュース
ノニジュース2種お試しセット

 マヌカハニー
生きているマヌカハニー
MGSマヌカハニーTOP
 マキベリー

マキベリー

 オーガニックルイボスティー

ルイボスティー
 セレクト・オーガニック
point-oオーガニック,ブルーアガベ
 ショッピング
お買物ページ
point-oお支払い・配送について
 その他
point-o楽天市場 shop
point-oYAHOO! shop
point-oノニ原料供給・代理店
point-o取扱店のご案内
point-o会社概要
point-o特定商取引法表記
point-oプライバシーポリシー

楽天へ
YAHOOへ

hl
企画運営・管理
株式会社ハイパーリンク
京都市中京区真如堂町323-4
ウェルネスビル2F
tel/075-222-5520
fax/075-222-5530

ノニとは?

ノニについて(ノニの概要)

ノニ(NONI)とは学術名:モリンダシトリフォリア(Morinda citrifolia)といいます。ハワイやポリネシアなど地域によっては「ノノ」や「ノヌ」と呼ばれることもあります。
原産は東南アジア~オセアニア地方といわれる熱帯低灌木で、主に赤道付近の環太平洋の島々に多く自生しています。
その実は基本的にフルーツですが各種ビタミンやミネラルなど非常に多くの栄養成分を含むことが特徴であり、強力なハーブフルーツとして知られます。
ノニの果実は実をつけてから数週間で醗酵を始め、その醗酵果汁には各種酵母や酵素、アミノ酸、中鎖脂肪酸、ポリフェノール類など現代人に有用とされる様々な成分が含まれます。

ノニは水はけのよい土壌を好み、特に火山質や珊瑚化石からなる地質の環境が最適とされます。 ノニの主な産地であるポリネシア地方やハワイ諸島は、火山活動による海底隆起によって形成された島や珊瑚から形成される環礁が多く、ノニの発育に最適な土壌と、汚染の無い環境から特に質の良いノニが育ちます。

貴重な熱帯ハーブとして古来より活用

ノニの実PIC ノニはポリネシアの島々に住む人々に「ハーブの女王」、「神からの贈り物」と呼ばれ、古来より美容や健康など様々な場面で生活に役立てられてきました。

ノニの葉・果実は食品として摂取することが可能で、幹の部分は古来より工具として、また樹皮や根はタパ(木の皮で作った布)の染色として利用されます。そして果実・葉・樹皮・根は祈祷師による伝統的療法に使うハーブとして活用されてきました。
原住民にとってノニは生活に欠かすことのできない伝統的な植物として、いわばアジアにおいてのアロエのように活用され、素晴らしい自然の素材として重宝されてきました。

ノニを用いたサプリメントは近年最大の発見?

ポリネシア地方は“ハーブの宝庫”と呼ばれ、ジャングルの大自然を育んだ植物には素晴らしい成分を持つ植物がたくさんあります。
その中でもモリンダシトリフォリアがなぜ“ハーブの女王”と呼ばれ古来より人々に愛用されてきたのでしょうか? それはこの植物が他のどんな植物よりも健康管理の為に役に立ち、かつ多目的に利用できた為と推測されています。
数年前より栄養価や有用性の高いノニ果実を用いて多種の商業用品が作られていて、経済的にも大きな発展を遂げています。
また多くの研究者の手によってノニのパワーが解明され、ノニ果汁100%のジュースは特に注目されています。

ノニの生殖ついて

ノニの自生写真ノニは東南アジアとオセアニア地方が原産とされ、主にサンゴ礁もしくは火山地質の標高500mまでの地域に生殖します。この多年生植物は非常に丈夫で少雨の厳しい条件下においても繁殖することが可能で、ポリネシアではサンゴ礁群や流出された玄武石、活火山周辺の花崗岩、自然な森の中、環礁の沿岸地帯、塩分の含まれた水溜りの中、椰子の林、牧場や野原、住居周辺、やぶの多い土地(小灌地帯)、荒地など様々な条件下でも育つことが出来ます。

【ノニの分布】

ノニの生殖地理分布は、ポリネシア地方ではハワイ諸島・マルキーズ諸島・ソシエテ諸島、南半球・トアモゥ諸島・ガンビエル諸島・ピトケアン島・クック諸島。メラネシア地方ではフィジー・バヌアツ共和国・ニューギニア・ニューカレドニア・ソロモン諸島。ポリネシア西部地方ではサモア・トンガ王国・ニウエ・ワリス&フトゥナ諸島・ロトゥマ・ツバル。そして、ミクロネシア・インドネシア・オーストラリア・アジア南東部。
またノニは、アメリカ沿岸地方のメキシコからパナマ、ベネズエラ・スリナム共和国。カライブ諸島の島々、アフリカ沿岸地帯の幾つか島々でも生殖しています。

【ノニの発育や特性】

ノニの自生写真ノニは暑い季節、降水量の多い時期、寒気の乾燥している時期との気温差や降水量の開きにも耐えることのできる強い植物です。またある程度の土壌条件にも順応し、よどんだ水や流れの悪い条件の下でも育ちます。さらに、塩分を含む水溜りや池、沼にも順応することがきます。

・酸性地よりもアルカリ性の土壌のほうがより良く発育します。
・最適な平均温度20度~35度。寒さには弱く、気温12度を下回ると枯れ始めます。
・水はけの良い土壌であれば土の柔剛は問題なく、珊瑚や岩の隙間でもしっかり育ちます。
[写真1]ノニの木

[写真2]ノニの実

[写真3]ノニの中身

[写真1]
ノニの木です。大きさは約5~8程度の常緑の潅木で葉の直径が約30cmと、実よりも葉の大きさが目立つ植物です。
ノニの木は成長がとても早く、最短では種を植えてから約8ヶ月という短い期間で実を付けることもあります。

[写真2]
ノニの実をよく見ると、青々とした葉、完熟した実、熟していない実、花弁が一つの枝に成っています。 通常の果実では年に1度花が咲いた後、実を付けますがノニの木は驚くことに1年間でおおよそ3~5回花が咲き実を付けます。さらに一つの実に対して40~50個もの花が咲きます。ノニの木は一年中花が咲いて実を付けているのを見ることが出来ます。これはそれだけ生命力の強い植物であると考えられています。

ノニの花は小さな白い花冠で同じ大きさの5~6の裂片を持ち、頭状花の部分に寄り集まっています。ノニは受粉後、各頭状花で発芽を始め球状の果実がつきます。果実の形は丸い長方形の形をしており、最終的にはジャガイモのような外見です。花と果実は枝の端につきます。
ノニ果実の成長には大きく分けて5段階の成熟期があります。
1)濃色の緑・果実は非常に硬い(無味・無臭)
2)黄緑色・果実は非常に硬い(無味・無臭)
3)黄味がかったクリーム色・果実は非常に硬い(若干の味を感じる・無臭)
4)黄味がかったクリーム色・果実はやや硬い(やや甘み酸味を感じる・無臭)
5)白色~乳白色・果実は柔らかくブヨブヨ(やや甘み酸味あり・悪臭)

ポリネシアのノニ果実の平均的重さは150g前後で枝に実った果実は数段階を経て成熟され、1本の木に30~40のノニ果実が成ります。果実が醗酵し柔らかくなると悪臭を放ちます。数時間の間に早いスピードで上記4~5の段階を迎え、同時に成熟期を向かえ黄味がかったクリーム色から白色に変化していき、果実が柔らかく乳白色の段階になると悪臭を発散します。

[写真3]
ノニフルーツの中身です。醗酵前の実はほぼ無味無臭でかたい柿のような食感です。
種子は果実の中にあり、果実の中央に集合しています。果実が落ちる時に粉砕された種子が散らばります。種子の形は平たく茶色でエアーサックとよばれる空気を含んだ小さな袋状の形状をしているので水の流れに乗り浮かんで運ばれていくことができます。そして海で数ヶ月間、漂流した後でも発芽をするという、驚異的な生命力です。
こうした特殊な生命力を持つノニの種子はいろいろな場所に散布されるという生態系をもっています。またこの果実は、鳥の好物なので島々の山の高いところまで運ばれていくため、山頂や山岳地の谷間などに散布することができるのです。


!注意事項
本ホームページ上のコピーライト及び画像著作権はハイパーリンクが保有しており、第三者の著作によるものである場合は、当該第三者に帰属しています。 事前にハイパーリンクの文書による許諾がない限り、如何なる方法でもコピー、複製、改変・修正、発行、掲示、送信、頒布することは出来ません。 他のメディアで公開するときは御一報ください。

 
※当サイトはリンクフリーですがその際はご一報ください。
Copyright©2000-2014 HyperLink co.,ltd. All Rights Reserved
注!当ホームページに掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。
Organic/Noni/Juiceはハイパーリンクの図形登録商標です。
当サイトのすべての著作権は株式会社ハイパーリンクに帰属します。